忍者ブログ

鍵江戸日記

FINAL FANTASY XI、カーバンクル(Carbuncle)サーバーで活動中の不屈の白魔道士&召喚士を目指すヒュム、鍵江戸茶奈(Kagiedo)と踊り子タルタル、シュティ(Syutey)のヴァナ・ディール日常日記。 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。 Copyright (C) 2002-2012 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.Copyright .

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

続続続・出撃! カギ日記!

登場人物紹介。

カギエド
このブログの管理人。またはメインキャラクター。
後衛脳の塊で、後衛ジョブ(主に白魔道士と召喚士)をこよなく愛する男ヒューム。
最近、青魔道士にハマってきました。

シュティ
突如現れた、カギエドの倉庫タルタル。ジョブはモンク。

以下本編です。

カギエド(以下カ)「誰もが予想していた、タイトル。始まりました! 続続・出撃! カギ日記です!」
シュティ(以下シ)「誰もが予想って……、誰が予想してたのよ」
カ「それは、やっぱりこのブログを見てくれている人でしょ」
シ「まあ、いいけど。では、つづきを見るから本編どうぞ!」

拍手[1回]


青魔道士

カ「さて、最初から白魔道士に関係のないジョブのコラムと行きます」
シ「青魔道士ね。なんで、青魔道士にハマったの?」
カ「いい所に気付いたね。それはね…………青魔道士がローブを着て、片手剣を持ち、魔法を使うジョブだからです!」
シ「流石に後衛脳も、ここまで来るとあきれるのか称賛に値するのか……」
カ「ふ、褒めないでくれよ」
シ「でも、青魔道士ってラーニングするのがめんどくさいって言うジョブじゃないの?」
カ「それについてはちゃんと考えている。ラーニング作業はね、ソロでレベル上げと同時進行して行っている」
シ「なるほどね」
カ「高レベルになれば、楽相手でも圧勝なんてのが無くなるはずだから、1~2回は敵WSは使ってくるかもしれないって、考えている」
シ「でも、今は白魔道士のレベル上げを優先するんでしょ?」
カ「もちろん。白魔道士のレベルが75になったら、青魔道士を上げようと思っている。でも、まあ学者もやりたいんだけどね。後で考えるよ」
シ「現在、青魔法はどんな感じ?」
カ「レベル21で、18までの青魔法は殆どラーニング済み」
シ「レベル20の青魔法は?」
カ「吸血とクローサイクロンはこれからラーニングする予定」

白魔道士

カ「さてさて、白魔道士のレベルが68になりました」
シ「オメデトー」
カ「何故に片言」
シ「なんとなく」
カ「まあ、正直ここまで来るとレベル上げなんてどうでもいいやって、思っちゃうほどの経験値が必要になってくるね」
シ「次のレベルまでいくつ?」
カ「次のレベルは30500で上がる」
シ「うわ……。絶望的だ。確かにそれだと、どうでもいいやって思っちゃうよね」
カ「うん。白魔道士はソロで上げるのは正直言うと、不可能だしね。現在レベル上げパーティが活発なリンクシェルで上げています。75になったら、帰ってくるからねー。」
シ「いわば、修行ね」
カ「68になって、ノーブルチュニックが装備した時は嬉しかった」
シ「白魔道士の最終装備って奴ね。後は70になったらマート戦ね」
カ「その前に、金策してブレスド装備を一式集めないといけない」
シ「ブレスドミトン、ブレスドズボン、ブレスドパンプスだっけ?」
カ「そう。でも、どれも4、5万もする装備品だから、相当時間がかかりそうかも」
シ「何はともあれ、70を目指しちゃうって、事ね」

調理スキル

シ「さてさて、私の調理スキルが1になったわけだけど」
カ「オメデトー。調理師への第一歩じゃないか!」
シ「元々やれと言った理由があんたの金策じゃないの」
カ「ソンナコトイッタケナ」
シ「しらばっくれちゃいけないわよ。カチャ(傭兵爪を構えた音)」
カ「すまない。悪かった、この通りだ、許してくれ! orz」
シ「まあ、いいけど」
カ「調理スキルはどの位まで上げるの?」
シ「100は行けたら行きたいわね。まだ、分からないけど」
カ「頑張ってスキル上げて、稼いでくれよ」
シ「あんたが言うな」

終わり・あとがき

シ「さて、今回の対談はこれで終わりね」
カ「なんか、白魔道士と青魔道士についてしか話してないけどね」
シ「と言うか、あんまり話す事無いわね……。ネタ切れ?」
カ「おっと、それは言っちゃならねぇぜ」
シ「まあ、いいんだけど。今回は前回よりちょっとだけ短いのかな?」
カ「だね~。その代わりに、文字の大きさを少しだけ大きくしてみたんだけど、どうかな? 見やすいかな?」
シ「それは、閲覧者のみが知る……ね」
カ「次回は書くかな……どうするかな……」
シ「大いに悩んで、ネタを集めなさいね」
カ「そうするか……」
シ「はい、それでは、ここまで読んでくださった方々。ありがとうございましたー。」
カ「次回、また書くかどうかはわかりませんが、期待は……あんまりしないでくださいね」
シ「それでいいのかよ!」

終わり
今回の写真
『風変りした、シュティちゃん』
ハロウィンのコスチュームだよ。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
鍵江戸茶奈
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/04
職業:
大学生今4年!
趣味:
パソコン、ゲーム、小説作成
自己紹介:
好きなFF作品はIII、IV、VI。
主にI~VIが重点的だが、全作品プレイしたりする。
他にも色々やります。
現在:ファイナルファンタジーⅢ(PSP)

Twitter

Profile

Profile

最新コメント

[01/05 Sonoray]
[04/14 Sonoray]
[07/11 つるばみです]


Copyright ©  -- 鍵江戸日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]